日記OR制作日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ついにこんな過去の絵を出してしまいました・・・

20060711

きゃーきゃーと叫びたいぐらい恥ずかしい絵、第一弾(って次もあるのか?)。
大体半年前に描いた絵です。(´~`ヾ)

このキャラは本当はVOL4で使う予定でした。
本当はVOL4の何でも屋はもう少し細かい設定で、何でも壊す何でも屋ではなく、
何でも直す壊す創る何でも屋で定員も一人ではなく
それぞれ不思議な能力を持った三人兄弟という設定でした。
で、今回の絵の子が二女、VOL4の子が長女でもう一人長男が
いるというものっだたのですが、原稿描いてて途中これはあかんと
思いボツになりました。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


何があかんかったかというと、その頃作品は12~16Pまでに必ず
抑えるというのを目標に描いていました。
これは一応自分に漫画を教えてくれてる人が言ったのですが、
漫画がうまくなりたいなら、物語を短くうまくまとめる力をつけろと。
うまくまとまらないからと、だらだらページを増やせば誰でも
まとめる事は出来るが、そんなのが面白い訳が無い。
実際雑誌などで仕事をもらうとテーマもページ数も決まってるから
規定のページ数でネームがきれないからと、ページ数を増やす事は
出来ないからまずは短編を沢山描けと言われました。
つまり短編がうまい人は話をまとめる力があるから長編も必ずうまく描けるが、
長編をうまく描ける人が短編もうまく描けるとは限らないからです。

なもんで~短編でずっと描いてたのですが、短編のきつい所は
キャラを出しすぎるとキャラ説明だけでページが無くなり、
物語が全く進まないことです(うまい人はちゃんとまとめられるんでしょうが)。
主要キャラ三人の説明とそれぞれ個別の能力を持ってるので、
その説明、さらにお客との絡みと、一応16Pでネーム描いたけど、
実際描いてたら無理あるな~と思い没になりました。

そして設定が極端に減ったVOL4が出来たという訳です。

ちなみに今28Pの作品描いてるのは続き物だからという理由と、
一度長いの描けば次にそれより短いの描いた時にちょっと
楽に感じないかな~という理由です。

一日重りをつけてた人が重りを取ったら普段と何も変わらないのに
軽く感じるのと同じ考えのつもりです。
ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

| 同人 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://studioputiya.blog55.fc2.com/tb.php/60-28a45477

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT